• HOME
  • BLOG
  • Opera
  • ラジオ放送3日目|勝手にコラボ企画◆ヴェローナ夏の野外オペラ◆

ラジオ放送3日目|勝手にコラボ企画◆ヴェローナ夏の野外オペラ◆

ちゃお♪

実は今週は火曜日から日曜日まで5日間超有名ソプラノのマスタークラス(特別レッスン)があり、朝から晩まで歌漬けの充実した日々を過ごしているなはなです。
昨日はその初日でブログを書こうにも帰宅した頃には疲れ果てて書けず…。自分のレッスンを受けるのはもちろんのこと、他の受講者のレッスンも一日聴き続けるので、初日の緊張と集中力で体力を消耗してたみたい。笑

今日も朝から晩までマスタークラスだったため、2記事は書けず、1日遅れになってしまったけど、ラジオ3日目の内容について書いていきますっ!

マスタークラスについては書きたいことたくさんありすぎるので、ラジオの件が終わったらまたゆっくりと報告させてもらいますね♪

◆番組詳細◆

番組名:「コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ」
放送日時:月曜日~金曜日の毎日 AM 6:40-6:43
放送局:TOKYO FMをはじめJFN全国38のFM局

*ラジオがお手元にない方が聴く場合
…日本国内に在住の場合、インターネットの「radiko」でもラジオが聴けます。
…「radiko」はスマートフォンのアプリでも利用可能。
…タイムフリーという機能を使えば、聴き逃しても、過去1週間までさかのぼってお聴き頂けるそう。
(私は海外在住なのでアプリでも聴けないっぽい。。。涙)

↓2日目の内容はコチラ♪↓

3日目の今日の主役はヴェローナの誇り、アレーナ!そしてアレーナといえば夏のオペラフェスティバル!いよいよ私の専門分野の登場です♪

じゃーん!これがアレーナ!笑

でかい!笑

約2000年前に建てられたこのアレーナはローマ帝国時代に闘技場として使われていたもの。この中で人間対人間の戦いや、人間対猛獣の戦いも行われていたそう。古代ローマ人はなかなか野蛮な趣味を持っていたんですね。。。

アレーナは街の旧市街中心部にあるブラ広場という広場にあり、広場にはカフェやレストランなどが並び、ヴェローナ観光の中心地となっている。

ちなみにこちらはロックダウン中の様子で、昼の1時にもかかわらずアレーナの周りも人はおらず、なかなか見られない空きっぷり。↓
これはこれで素敵とも言える。。。

約2万人を収容できる大きなアレーナは舞台も大きい!合唱やエキストラなど、出演者の数も多く、通常の劇場では不可能な豪華な舞台が見られる。演出によっては馬などの動物が見られることも!

地上階のアレーナ席にはロングドレスやタキシード姿の観客もいるけど私が行くのはいつも決まってお求めやすい席。笑 20ユーロ(2500円)くらいかな。上の写真もその席からの眺め。何回もアレーナには行ってるけど、まだ一回もお高い席には行けていない。。。笑 いつか行くんだ!笑

舞台と近いわけではないけど、もちろん声やオーケストラは問題なく聞こえてくるし、舞台も全体像が見れて私は好き♡

お手頃な席は自由席なので、開場とともに入って、外で買ったケパブを中で食べて開演を待つ私↓ 開場から開演までは1時間。

2012年の写真だから8年も前!笑 そりゃ若いはずだよね。笑

外が暗くなってきたらそろそろ開演の時間。

照明などの関係で空が暗くなるまで待たなければならず、イタリアの夏は日が長いので暗くなるのが21時ごろ。開演時間もほとんどの公演が21時。

入り口でもらえる小さなろうそくをつけると気分が盛り上がってくるよ〜

↓コチラは有名なオペラ「カルメン」の舞台。カーテンコールの様子。出演者の多さが写真からも分かってもらえるかなぁ。

山のシーンでは舞台奥のアレーナの座席部分も山の一部と見立てて演出されてた。

↓これは去年亡くなった偉大な演出家ゼッフィレッリの最後の作品となった去年のシーズンオープン、椿姫の舞台。豪華、という二文字がぴったりの舞台だった。

ただ、アレーナのオペラフェスティバルは野外のため、全幕を通して室内で物語が展開する椿姫には最適の舞台なのかは正直「?」なところではある。でもさすが世界のゼッフィレッリ、豪華で素敵な舞台だった。

この椿姫は去年のものなんだけど、この日はめっちゃ暑くて、お団子にしたんだったなぁ。オペラだからってかしこまる必要はなくて、上の方のお安い席の人はデニムだったり、短パンだったり、みんなかなりラフな格好。

その時にInstagramに載せたもの♪

こちらは2018年に見たトゥーランドット↓
この演出のトゥーランドットはアレーナのオペラフェスティバル王道中の王道。

合唱も暗くて見えにくいけど、この写真横幅いっぱいになるだけの人がいて、これぞ、アレーナでしか見れない演出。実際同じような演出を屋内の通常の劇場でやることもあるけど、豪華さが桁違い!この迫力はたとえ安い遠くの席からでも十分に感じられる。

1913年から100年以上にわたって野外オペラの会場となってきたアレーナ。プッチーニはまだ健在だったし、マイクの設備なんてもちろんなかった時代。もちろん今もマイクを使っているわけではないと思うけど、そんな時代からここが野外オペラの会場として使われてきたなんて、何だか素敵♪

100年前にはオペラは「古い」ものではなく、現代のポップスみたいな新しい存在。こういう古い歴史ある建物も、そのまま保存するだけではなく、新しい文化と融合して使われていくって素敵なことだと思う。

ちなみにアレーナは夏ばかりではなく、ヴェローナにとっては常に街のシンボル。クリスマスの時にはアレーナから流れ星が出てる♡ ロマンチックポイントに早変わり♪

夏のオペラフェスティバルには世界中からスターが集まり、有名歌手もたくさんヴェローナにやってくる。

私が学生時代からファンで、今もソプラノといえば彼女!というくらいのアンナ・ネトレプコという歌手がいるんだけど、彼女をアレーナの横で発見した時にはテンションが上がったな〜笑

彼女がその晩歌うことは知っていたし(というか私は彼女目当てにこの公演のチケットを持っていた)ちょうど歌手たちも開場入りするくらいの時間だったので会場近くに居ても何の不思議もないのだけど、2人を見つけた時は興奮した!笑 本番前の彼女たちの迷惑にならないよう、写真はお願いせずに後ろ姿だけパパラッチ。

と、アレーナで行われる夏のオペラフェスティバルについて紹介してきました!

そして、こうしている間にもう日本では4日目の放送の時間になってしまった!笑 1日遅れの更新になってしまったけど、あくまでも「勝手にコラボ」企画なので、1日ずれてるじゃんって突っ込みながら読んでもらえればと思います。

残り1日のラジオ放送は違う角度からイタリアを見ているので、こちらもぜひお聞きください♪どこの国もそうですが、いい面ばかりではないですよね。住んでいて感じる、生のイタリアをお伝えします。リアルタイムで聴けない方も、ぜひアプリで聴いてみてくださいね♪

私はもう目が閉じそう。。。明日もマスタークラス頑張ります!

おやすみなさい♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。