明日は誕生日そしてコモ湖でのコンクール初日!

ちゃお♡明日8月7日で35回目の誕生日を迎えるはなです!

なんとまぁ…。ついに35!笑

そしてそして、明日はコンクール初日。予選とセミファイナルが行われる予定。。。誕生日にコンクールや本番は人生で初めてかも!これはもう運命と思って頑張るしかないっ!笑

今回のコンクールはミラノから電車で1時間行ったところにあるコモ湖という湖の湖岸にあるBellano(ベッラーノ)という街で行われるもの。よくピアニストのレッスンでいってるのもコモ湖だけど、今回は街が違うんだ♪

今日明日と予選が行われて、明日の予選後にセミファイナル、明後日8日がファイナル…。という流れ。

前回のコンクールの結果を踏まえ、今回は私にしてはかなり強気で挑んでます!

前回の様子↓

やっぱり、コンクールを受ける以上、勝ちに行く!そう決めて準備してきた今回のコンクール。自分の思ったように歌えればそれで良いとどこか自分に甘えていたところを改善。

徹底的に、シビアに勝ちに行こうと思う。

自分に厳しく。最後までキメる。キメきるのが今回の目標。

それぞれの歌手には秀でた面、劣る面があり、私はもともと、豊かな声量、ハリのある高音、そして舞台姿とおじけ付かない度胸(笑)が売りの歌手で、ぶっちゃけてしまうと音程を正確に歌うのがあまり得意な方ではない。

これはもう学生時代からの逃れられない運命。

先生から人よりも扱いづらい声を持っているとも言われたことがあり、かなり注意をしないと音程が下がりがちになってしまう音域がある。その苦手な音域が緊張や気の緩み、発声が不十分などちょっとしたことでキズとなって表面に出やすい声を持っている。

特に苦手なのはブレスが足りなくなってくるフレーズの後半。フレーズの終わり部分、つまり曲の締めの大事なところだったりする。だからこそ、普通の人以上に細心の注意を払って最後まで気を緩めず、戦い抜く、というのが今回の目標。

勝ちに行く=戦い抜く。甘さを見せない。

コンクール自体の独特の空気間は理解しているつもり。

しっかり準備してきた自分を信じて、今日はよく寝て、会場へ早めに行ってしっかりウォーミングアップをして(審査員の前じゃなくて!(前回のコンクール記事↑参照↑)笑)、いつも通り最後まで気を緩めず歌うのみ。

一つずつのフレーズ、一音一音を大切に。

ここはイタリア。コロナ禍で普段以上に何が起こるか分からない+いったい予選で何曲歌うのか、自分で選べるのか、審査員が決めるのか不明…など柔軟に対応しなきゃいけないこといっぱいあるけど…笑 しっかりと準備してきた自分と、音楽の力を信じて歌ってこようと思います!

私の召集時間はお昼の12時。

どうかコンクールうまくいくようにイタリアに向けて念を送ってください!笑 素敵な誕生日になりますよに…。いや、素敵な誕生日にするんだっ!

応援よろしくお願いします!

関連記事

  1. tet

    誕生日おめでとう

    • hana-fiorhana-fior

      ありがとう〜♪