• HOME
  • BLOG
  • Italian Life
  • 3/10【コロナウイルス】イタリア最新情報|イタリア全土で移動規制開始|自己申告書

3/10【コロナウイルス】イタリア最新情報|イタリア全土で移動規制開始|自己申告書

3月8日付でミラノがあるロンバルディア州、水の都として知られるヴェネツィアなど14県を対象とした移動規制の首相令を発表してからわずか1日、9日付で新たな首相令を発表し、あっという間に移動規制はイタリア全土へと広がりました。

10日朝より

  • 仕事上の移動
  • 健康上の理由
  • 自身の住居への移動
  • その他やむおえない緊急な理由

上記を除いての移動ができなくなりました。つまり、仕事場への往復や健康上の理由で他の町の病院へ行かなければいけない以外の移動が制限されてしまいました。移動の際には自己申告用紙に理由を明記しなければならず、虚偽の申告をした場合は罰せられるそうです。

主要な道路や大きな駅ではコントロールが入り、書類や身分証明書のコントロールや検温が行われているそうです。ヴェローナのポルタヌオーヴァ駅の場合はホームに入っていくの通路でコントロールがあるそうです。

こちらがその自己申告書

移動の際にはこちらに記入して、携帯しなければなりません。自分がいる町の中で生活に必要な物を買いに行くことは許可されているので、スーパーへ買い物へ行ったり、お店に必要なものを買いに行く程度の移動でしたらこれを書く必要はありません。

つまり、プライベートな理由で外出=遊びに出かけたりしてはいけませんよ、ということのようです。

こちらの在ミラノ日本国総領事館ホームページに申請書の和訳、及び3月9日付の首相令の和訳がありますのでリンクを貼っておきます。(このような緊急事態の時、領事館から登録してあるメールにメッセージが届くのですが、日本政府機関の迅速な対応はイタリア在住者としてとてもありがたいです!領事館の方々も対応で大変だろうに…と想像しながら、ただただ感謝しかありません。)

https://www.milano.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00005.html

自宅や居住地へ帰ることが認められているので、日本人は日本へ帰ることができます。ただし、飛行機の減便、キャンセルが多く発生しているので、飛行機が飛んでいれば…ということになります。日本側からは北イタリアからの外国人には入国を拒否しているようですが、日本人である私たちは上陸拒否の対象にはなっていないそうです。

ヴェローナだけでなく、ローマもフィレンツェもヴェネツィアも…全ての町が同じ状況です。イタリア中でウイルスと戦っている、という感じです。

移動以外の制限としては

  • 全ての学校が休校
  • レストランやカフェの営業が夜の6時まで(つまりディナー時間の営業は禁止)
  • 呼吸器系の感染症や37.5度以上の熱があるものの外出を禁止
  • イベントの中止
  • 葬儀を含む宗教的行事の中止
  • スポーツジムやプール、劇場などの文化施設は閉鎖
  • レストランやカフェ、その他商業施設では店内で人が密集しないように適切な方式をとり、各々が1メートルの間隔を保てる場合のみ営業可

などなど…

これらの制限が4月3日まで適用となりました。

10日(火)の中心地の17時半頃の様子↓さすがに人もまばら。

しばらく閉店します。オンラインショップは開いてますのでそちらで買ってね!との張り紙が貼ってあるお店や↓

1メートルの距離を取るように促す張り紙があるお店もあったり↓

でもスーパーはいたって普通の雰囲気なのでご安心を。食料品もきちんと売られているし、日本のようにトイレットペーパーを買い占める方達も見当たりませんでした↓

この首相令によって、ヴェローナに住んでいる私への影響はというと、健康な体づくりのため週3回ペースで通っていたジムへは行けなくなり、ミラノへピアニストのレッスンを受けに行ったり、友達に会いに行ったりできなくなったくらいでしょうか。。。

その分家で過ごす時間が増え、勉強に集中できる時間やブログに費やせる時間が増えたので、これを機会とし、ヴェローナでの様子を随時お知らせしながら積極的に更新していこうと思っています。

日本の皆様もイタリア同様苦しい時だと思います。どうか皆さんで励まし合いながら、一刻も早く通常の生活が戻ってくるよう、一人一人ができる予防をしながら過ごしていきましょう。私も頑張ります!

関連記事