• HOME
  • BLOG
  • Italian Life
  • 3/12【コロナウイルス】イタリア最新情報|必要最低限以外の商業施設活動休止

3/12【コロナウイルス】イタリア最新情報|必要最低限以外の商業施設活動休止

ブログを開設したばかりのこの時期に、コロナウイルス問題がイタリアでも発生し、毎日毎日コロナウイルスについて書いていますが…。明日はコロナさん以外の情報をFioReに載せられますように…と祈りながら、イタリアの様子が気になっている方もいらっしゃるかな、と思い現地情報を伝えていきたいと思います。

ここ数日、土曜日の夜から毎日毎日、新しい情報が更新され、日々の状況がどんどん変わっていきます。

そんな中、昨夜11日夜に行われた記者会見で、 新型コロナウイルス感染拡大を防止するた、全国で12日(つまり本日)から生活必需品の販売店、薬局、ドラッグストアを除く全ての商業及び小売り販売活動の休止が発表されました。期限は2週間後の3月25日。

昨日の時点https://hanasoprano.com/corona0310/ (←昨日書いたばかりのブログ)では、移動の制限はあったものの、服飾を扱うお店やその他小売店は営業しているところもあり、カフェやレストランも18時までは開いていました。

そこからまた急な舵が切られることになり、今日から食品を扱うお店(スーパーや八百屋、お肉屋やパン屋)と薬局、ドラッグストア、生活必需品を売るお店、それからタバコや新聞を買えるタバッキなど以外は3月25日まで閉まることに。カフェやレストランも終日閉店。

そもそも移動が仕事と健康上、もしくはやむを得ない緊急な理由を除いては禁止、ということだったので、火曜日の時点でお店は開いていてもお客さんはいない…というのが街の様子だったのでこの決定も当たり前なことかな。と個人的には思っています。開けていてもお客さんが来ないのであれば、閉めてしまってその分人の移動を少なくしたほうが良いと思うので。

今日は13時頃にスーパーに行き、食料品の買い出しへ。

入店するときには特に列もなく、品ぞろえもいつも通り。違いといえば普段マスクをする文化のないイタリア人がようやくマスクをつけ始めたことと(それでも全体の半分くらい…)、レジのお姉さんが感染を予防する医療従事者並みのマスクをしていたこと。症状が出ていないだけで自分がもしかしたら感染者かもしれない、それがあり得る現状だからこそ、マスクは人に移さないためにも有効なのでは…と個人的には思っています。そしてスーパーの従業員に感染者がでたらこのスーパーも閉まってと思うので、それだけは避けて欲しいから大賛成。

日本ではデマにより消えたというトイレットペーパーもきちんとあり、水もパスタも、その他の商品も普段通りありました。

入店時にはなかった列が帰るときには4人待ちに。待っている人と待っている人の間隔は1メートル、スーパーでの人ごみを避けるために入店制限をかけている様子。

小売店の販売は停止されたものの、物流や公共交通機関、郵便局、銀行などの生活に必要なもの、そして農業の生産なども衛生面の管理をする、という条件下で通常通り動いているそう。人が生きていくのに必要な“物”がなくならないような動きの保証は現状されているので、生活自体は昨日までとあまり変化はない様子。

それでもスーパーの向かい、いつもにぎわっている近所のカフェが閉まっているのを見るのはなんとなく悲しい…↓

カフェ好きな私としては息抜きのコーヒーすら飲みに行けない、と思うと少し気がめいりそうにもなりますが、以前友達から譲り受けたコーヒーマシーンで自宅でコーヒーを楽しむことによりそのストレスも軽減しながら在宅ライフを楽しんでいます。笑

薬局に「マスク、手の消毒液売り切れ」と書いた張り紙が。これは日本もイタリアも一緒ですね。

閉まっているお店にもがんばろう!といったメッセージが貼ってあり、みんなで支えあって、励ましあって、いつか終わりがくることを願いながら頑張っている、そういった雰囲気です。

幸いにも春はすぐそこ、暖かくなってきた空気を感じながら、私自身は耐えながら自分の勉強に集中していきたいと思います。

明日はコロナさん以外の投稿ができますように…♡

日本の皆さんも大変だと思いますが、どうかみんなで耐えしのいで、終わりが来るのを待ちましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。