いざ出陣!|いよいよ明日はコンクール!5ヶ月ぶりに人前で歌います

八百屋さんで「今夜食べたいの」と自己申告し、店員さんが選んでくれたアボカドが絶妙な熟れ具合で、サーモン&アボガドのワサビ醤油丼にしたらめちゃくちゃおいしいのができて、心癒されたはなです。笑 お米にワサビに醤油…やっぱり最高っ♡笑

あ、今日は文章だけの真面目記事です。笑

さてさて、明日はいよいよ待ちに待ったコンクール!なんと5ヶ月ぶりに人前で歌うことになる。歌を初めて以来こんなにも長い間人前で歌うことがなかった時なんでないんじゃないか疑惑。

ロックダウンの直前、2月の終わりに受けたのが最後のコンクールで、その入選者のコンサート(私は残念ながら選ばれなかったけど)が、コロナ感染拡大防止のため大人数の集まりが禁止になり、急遽中止になった。それが約5ヶ月前かぁ。。。

そこからあれよあれよという間にイタリア中がロックダウンし、後は皆さんご存知の通り。ひたすら家に引き込もり、ピアニストとも練習できず、もちろんレッスンもなく。一人で黙々と自分自身と、そして歌と向き合う毎日。

そんな中段階的にロックダウンが解除され、徐々に気をつけながらも、普段の生活が戻ってき始めている今、イタリア国内の大きな劇場もコンサートなど(オペラ自体は飛沫が半端ない+演者同士のソーシャルディスタンス確保がほぼ不可能なためまだ時間が必要そう)が再スタートし出した中、やっとコンクールも再開されることに!

コンサートではないけど、人前で歌える!そしてこのロックダウン中に貯めてきたものを出せる!

とにかく!久しぶりの感覚にワクワクしてます♡

明日のコンクールはヴェローナから電車を乗り換えて2時間くらいのところにあるモデナという街で行われるんだけど、このコンクール自体で賞がもらえる…というものではなく、10月にシチリア島で行われる大きなコンクールの予選、という扱い。このモデナのコンクールで選ばれれば、10月のシチリアでのコンクールはセミファイナルから参加できるというシステムになっている。

それぞれ20分の持ち時間があって、2曲自分が予め提出した歌いたい曲を歌い、審査員からの要望があれば、追加で3曲目も歌う可能性もある、という流れ。

一人20分も時間がもらえるのはコンクールでは稀!しっかり歌わせてもらえてありがたや♡

そして、コンクールとは別件で、オーディションという意味も含められていて、このコンクールの主催者の目に留まればコンサートやオペラなど出演機会をもらえるかもしれない。

これはもう…頑張るしかない!笑

明日の本番に向けてピアニストのジョルジョとの最終レッスンで微調整もできたし!

後はコンクールだとは思わずに、コンサートだと思って集中して楽しむのみ!

コンクールやオーディションって、公演とは違って、暇そうな審査員がこちらを頬杖ついて見ていたり、ひどい時には携帯見て参加者すら見ていない審査員もいたりして、独特な空気が流れているもの。でも審査員だって人。いい音楽を演奏して届けたいという私の気持ちは一緒。

それが審査される…と思うと余分な力みとかでてきちゃうから、審査員をお客さんと見立てて、自分の最良の演奏を聞いてもらえるよう、挑みたいと思う!

失うものは何もない。自分を信じて向かうのみ!

今まだ9時半なのに今日はもう眠いので…。笑

今から少しヨガやって体をほぐして、早めにベットに行ってゆっくり眠って、明日の朝はしっかり準備して(しっかり顔を作って。笑)会場へ向かいたいと思います。

電車の時間は12時半だから比較的時間に余裕あり。

本番はイタリア時間の午後17時、日本時間の24時。しっかり準備してロックダウン中に溜め込んできた自分の力を信じて歌ってきますので、どうか笑顔で歌い切れるように(と言っても3曲中2曲はドン暗な曲。笑)、応援よろしくお願いいたします♡

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。