ミラノ近郊|中世の街ベルガモ|前編

ちゃお♪

最近は全粒粉のパスタにハマっていて(また改めて紹介させてもらいますね!)健康的な食生活に気をつけている…のにっ!今日はミラノからの帰りジャンキーなスポンティー二のピザを食べちゃったはなです。笑

ピザ食べると、酵母でなのか、それともグルテンの影響なのか、お腹がコポコポする笑

今回と次回は歌から少し離れて、イタリアの街をご紹介♪コロナで世界を行き来することが難しい今、脳内トリップしちゃってくださいっ♪

8月の半ば、友達に誘われて急遽ミラノ近郊の都市、ベルガモに友達(日本人)を訪ねていくことに♪急だったのに泊まらせてくれた友達に感謝♡

ベルガモはミラノから普通電車で50分の町。チッタ・アルタ(高い街)と呼ばれる中世の雰囲気が残る丘の上の街と、新しい街並みがあるチッタ・バッサ(低い街)に分かれている。

チッタ・バッサからチッタ・アルタを見るとよく分かる。

上からベルガモのチッタ・アルタの街並みを見下ろすとこんな感じ↓ 何百年と変わらないであろう景色を見られるって…素敵すぎるわ。。。

小高い丘に建てられた街は作曲家ドニゼッティの出身地としても知られ、とうもろこし粉を練ったポレンタや肉の煮込み料理が有名♪

私はヴェローナから電車を乗り継いで行ったんだけど、電車が遅れていたため、乗り継ぎ先で、小走りで掲示板を見たら…。みなさんもご一緒に…上から二行目…BERGAMO (ベルガモ)の文字…

その横!

CANCELLATO…カンチェッラート…。キャンセルーーーーーー!涙

悲しす。。。なんとこの電車だけキャンセルされて運休になっていたのでした。せっかく乗り換えのために走ったのに…。。。

ここはイタリア、遅延やキャンセルごときで怒っていては暮らしていけないのですよ。でも…でも!次の電車まで1時間もある中でのキャンセルはひどいじゃないかぁ!笑 みなさんも覚えておいてくださいね、イタリアとはこういう国です。笑 ちなみになんの理由で、どうしてキャンセルになったか。。。なんてことはもちろん教えてくれません。笑

気を取り直して出発し、ベルガモに到着。駅前にあるタバッキでチケットを買い、1番のバスに乗ってチッタ・アルタ、古い街並みが残る中心地へ。

コロナの影響で観光客が少ないため、ガチャガチャしていなく、更にいい雰囲気を醸し出してた♪ミラノからすぐで、美しい街並に現実逃避できるということもあって何度も来たことがあったベルガモだけど、やっぱり好きだな、と実感。

↑テーマパークじゃないよ♡

歴史的地区の中心部からこの門を抜けて…

更に上へ行くためにケーブルカーへ♪↑

赤くて小さなケーブルカーで、バスのチケットも有効時間内ならそのまま乗ることができるよ♪可愛いケーブルカーは運転手さんが1人で切符チェックから運転までやっているというワンマンカー。なんだかこのレトロな感じも好き♡

ケーブルカーで更に丘の上までいき、そこにあるレストラン兼カフェでアペリティーヴォ。アペリティーヴォとは夕食の前におつまみをつまみながら軽く飲んでいく、というイタリアンスタイル。イタリア在住日本人の間では「アペする」という単語でお馴染み。笑 「チェーナ(夕食)行く前にアペしていこ」なんていうルー大柴的イタリア語混じりの会話もイタリア在住あるある。笑

外観も素敵♪店内も洒落てて素敵だよ!

私たちはテラス席で乾杯♡

私が選んだのは、ベルガモの地ビール♡ビールなのにワイングラスで飲むのがイカしてるよね♪笑

後ろが白飛びしちゃって見えないけど、ベルガモの眺めを見ながらアペやディナーができる素敵なレストランだよ♡

アペリティーヴォの時間に注文すると、飲み物の他にこういったおつまみを出してくれるお店がほとんど。おつまみの定番はオリーブやポテトチップスで、ここはガスパチョ(スペインの冷たいトマトスープ)やフレッシュなチーズを出してくれた♪

アペした後はチッタ・アルタまでテクテク下山…。

行きはケーブルカーで登って帰りはベルガモの写真を撮りながらのんびり歩いて…っていうのもおすすめ♡

下山途中に素敵なアーチの部分があったから友達が写真を撮ってくれました♪こういう写真映えするところがいきなり現れたりするの、正にイタリアだわー!ありがと♡

今回はここまで♡

この続きは後半でまた書いていきます♪

どんな街もそうだけど、現地に住んでる友達が案内してくれると何倍も楽しめたりするよね♡ベルガモという大好きな街で、大切な友達と過ごす素敵時間♡

ヨーロッパの雰囲気を味わってもらえたら嬉しいです♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。