ヴェネツィア旅|2019年末 ~振り返り旅シリーズ~

毎日毎日おうち生活で…旅好きな私は、すっかり春を通り越して初夏の陽気なイタリアの気候を感じながら外に出たい欲が溢れそうなので…脳内トリップ。笑

2019年末に行ったヴェネツィア旅をピックアップ!

日程:2019年12月26日-27日

ヴェネツィアは説明要らず、皆さんご存知の水の都です。

イタリアは北から南、本当に街によって全く景色も違えば食べ物も違う。もちろん気質も違う。そんな中でどこをとっても美しく、いつ行っても映える写真が撮れるヴェネツィアは私のお気に入りの街の一つ。ヴェネツィアへはマスタークラスや旅行、オペラ鑑賞などで何回も行く機会があったけど、毎回毎回ヴェネツィアに行くと写真を撮りまくって後で整頓/削除するのが大変!笑

今回の旅のお相手は、スイスの音楽院に通う大学時代の同級生♡クリスマス休暇を利用してスイスからヴェローナまで遊びに来てくれて、イタリア中のお店が閉まる25日のクリスマスはお家で過ごし、26日から一泊でヴェネツィアに行くことに♡

えくぼ仲間です。笑 他の友達につっこまれるまで考えたことなかったけど、確かに二人ともえくぼがあるわ。笑 えくぼって子供の時から自分の顔に当たり前にあって、別にチャームポイントだとも思ってないから、全く気にしたことがなかった。だからたま~にそこをつっこまれるとなんだか気恥ずかしい。笑 

えくぼ話は置いといて…。笑

ヴェローナとヴェネツィアは実は同じヴェネト州にある。州都はヴェネツィア。FrecciaRossa(フレッチャロッサ)という特急電車で約1時間15分で着いてしまう。

ヴェネツィアの水上バスVaporetto(ヴァポレット)は1回(75分間有効)がなんと8ユーロ=1000円近く!ということで、私は基本的にヴェネツィアの本島以外の島に行く時以外はヴァポレットには乗らない。

だって!たっかいんだもん!笑

ヴェネツィアは何度も訪れているだけあり、ある程度なら地図なしで動けるし、とりあえずチェックインまでは時間があるけど、荷物を置きたいのでホテルまで行くことに…。

今まで恐らく10回以上!(イタリアの中でダントツで一番行ってる町!)ヴェネツィアに行っているけど、今回のホテルはコストパフォーマンス・立地等考えてNo.1といって良いと思う。ちょうどアックア・アルタと言われる高潮で街が水浸しになり、大きな被害が出てしまった後だったので、価格設定が低かったのかもしれないけど、年末の時期にお得に泊まることができたし、古くて狭いホテルが多いヴェネツィアには珍しく、新しくて綺麗なホテルだった♡

お部屋も綺麗で、シャワールームも綺麗で文句なし。おまけに朝ご飯の種類も豊富だったし…大満足♡

Palazzo Veneziano(パラッツォ ヴェネツィアーノ)

住所:Fondamenta Zattere Al Ponte Lungo, 1413, Venezia

Booking.com パラッツォ ヴェネツィアーノ 予約はこちらをクリック

ホテルを出てからすぐの景色がコレ↓

ヴェネツィアはどこにいっても人が多くて、ガチャガチャしていて…という中で、少しだけ中心部から外れるだけでこの落ち着いた雰囲気を味わうことができる…♡ホテルからでてすぐ、海沿いをお散歩できるという最高の立地。

さらにこの記事のタイトル画に使った画像の景色が見れる観光スポットアカデミア橋まで徒歩10分という便利さ。

ゴンドラが逆光になって真ん中で映えている…♡ なんて絵になる景色なんでしょう。。。

私はこのアカデミア橋から見る景色が大好きで、去年の夏猛暑の中、毎日毎日この橋を渡ってマスタークラスに通っていた時も、思わず足を止めて何枚も写真を撮ってしまっていたところ。(そうしてiPhoneの容量が埋まっていく。笑)

なぜかドヤ顔の私。

そして美しい背景をバックに遊び始める34歳。↓

笑 お嫁に行けなくなっちゃう♡笑 この後しばらく撮影会をして街の中心部サンマルコ広場へ…。

Acqua alta(アックア アルタ)と言われる高潮により前日まで水があったそうで、私たちが行ったときにはひいていたけど、こんなに晴れているのに地面は濡れていた。ちなみに私はまだ一度もアックアアルタには当たったことがない。

イタリアは12月25日が過ぎても1月6日のエピファニアと言われる宗教行事の日まではクリスマス飾りがそのまま残っている↓

25日を過ぎたら「はいはい、しめ縄と鏡餅準備しなきゃだわ」という日本とはちょっと違いますね。笑 私はこのサンマルコ寺院の横から海を眺めるこの景色も大好き。遠くに見える教会が少しかすんで見えるのがまた良い…♡

夕暮れ時間になってきたので、サンマルコ広場にある塔(二枚前の写真右側の鐘楼)に上ることに。

ちょうど夕暮れ時でこんな美しい空の色と、だんだんと暗くなっていくヴェネツィアの街並みを堪能できた。

↓これは別の時に鐘楼の上から撮った写真。美しい…♡

ちなみにこの鐘楼はエレベーターで上ることができるので、ご心配なく♡でも年々高所恐怖症の気がでてきている私には上れなくなる日も遠くないかもしれない。。。笑

夜のサンマルコ広場↓ この景色も私のお気に入りの一つ♡アーチが一つ一つ照らされてため息が出るほど美しい…♡

このサンマルコ広場の近くにあるホテルが、このホテルダニエリ。

今回の旅とは関係ないのだけど…笑 昔泊まってとっても良かったのでご紹介。

ハリウッド映画「ツーリスト」の舞台となった超が付くほど有名なこのホテル。映画には全く興味のない私は、単純にこのホテルの豪華な内装に憧れていた♡

昔友達に勧められて「いつかは…」と思っていたこのダニエリに、以前両親がイタリアに来てくれた時に頼み込み、泊まれることに♡

なんとも豪華なロビー。天井からはシヴェネツィアんグラスのャンデリアがかかっております。これ一体1ついくらなんだ?笑

お部屋の内装もクラシカルで可愛らしくて…

テンションMax♡笑 憧れのホテルに泊まれてハイテンションな娘に付き合ってくれる父(杉浦家はみんな顔出しNG(笑)のため、サングラス。笑)

そしてこのホテルの良かったのは何と言っても朝食!この素晴らしい景色を目の前に朝ご飯…人生で一番の朝ご飯だったと言い切れる!笑

両親とも眼鏡さん(そういう私もコンタクトをとったら超のつく近眼の瓶底眼鏡さん笑)なので、サングラス加工がナチュラル過ぎていつも笑える。笑

最高の景色をみながらの美味しい朝ご飯は、本当に贅沢な時間だったなぁ(遠い目)笑 海から近すぎて食べ物をたかりに来るカモメに襲撃される…という事件もまた良き思い出。笑

Hotel Danieli(ホテル ダニエリ)

住所:Riva degli Schiavoni, 4196, Venezia

Booking.com ホテル ダニエリ 予約はこちらをクリック

さて、2019年年末の旅行に戻って二日目。朝食を済ませてチェックアウト前にお散歩に行くことに。中心部から少しだけ離れているということもあり、非常に穏やかな時間を過ごすことができた。

ホテルから出てのんびり歩いて20分ほどでその島?の先端までたどり着く。

そこからの景色がこれまた私のお気に入りの景色で、サンマルコ広場の方を船に乗らないで海側から見ることができるスポット↓

突き出た鐘楼と、ちらっと見える玉ねぎ頭のサンマルコ寺院。それから遠くからでも輝くPalazzoDucale(パラッツォ ドゥカーレ)ドゥカーレ宮殿。地形に高低差がなく、海と同じ高さに街があるってなんて不思議なんだろう…。本当に唯一無二の景色が広がるのがこの特殊な街ヴェネツィア。

この日は友達のお買い物デーということで、バックを調達しながら街をブラブラ♡ヴェネツィアには本革でできてるカラフルなバックが5000円~10000円で買えるお店がいろんなところにあって、危険!笑

お手頃で可愛くてカラーバリエーション豊富なんて…危険すぎる。笑

この日は一日ヴェネツィアで遊んで最終の電車でミラノへ行く予定だったので、2回目の夕日も見ることができた。12月と言えば1年で最も日が短い時期。17:10でこの暗さ…。そしてこの景色、無加工です。美しい!

ヴェネツィアにはオペラの歴史でも重要なポジションに位置するフェニーチェ劇場がある。2度の火災による全焼(電気が発明される前まで劇場と火事は常に近い存在だった)にも負けずフェニーチェ(フェニックス=不死鳥)の名のごとく再建されたという伝統ある劇場。私が1番好きなオペラ、ヴェルディ作曲「椿姫」の初演はこの劇場↓

いつか歌劇場専門の記事も書きたいな…(そのマニアックな記事読んでくれる人いるのかな?笑)

フェニーチェ劇場を後にし、ホテルで荷物を受け取り、駅へ向かって旅は終了。最初にお伝えした通り、私はヴェネツィアでヴァポレットには乗らない主義。つまり、めっちゃ歩くんです!しかも、運河の街=橋の街=階段の街!笑

足にキマス。。。笑

ヴェネツィアに行って私のようにヴァポレットには乗らない!という方はどうぞ足のケアグッズを持参の上ヴェネツィアへとお出かけください。笑

ヴェネツィアはどこへ行っても、どんな季節でも本当に絵になる街で、まだまだご紹介したい観光スポットや写真がたくさん!また改めてヴェネツィアについてはまとめ記事にできたらなって思っています。

今日はこれにて脳内トリップ終了。。。

世界中でここにしかない景色を見せてくれるヴェネツィアは本当に魅力的な街。コロナが終わったらまた散策に行きたいなぁ…♡

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。