ヴェローナのまったり日曜日(超日常Ver)

ボナセーラ♡

今週末はお天気悪いという予報だったので、至って普通な週末を過ごしました…という報告ブログ。笑

あまりにのんびりモードだったからいつもならどこかで撮る自撮り写真すらなく。笑 トップの画像は違う日に撮ったものを使い回し〜笑 これはアディジェ川っていうヴェローナを流れる川沿いの散歩道なんだけど、座ってのんびりしたり、お散歩できる空間になっている。川を渡れば旧市街。素敵な景色を見ながら川の音と、鴨たちの音を聞きながらまったりできる私的リラックススポット。

特に何にもアクシデントは起こらないし、面白いことも起きないから、そのテンションで読み進めていってね。笑 あくまでイタリア暮らしの日常ですので♪笑

たまにはこういう肩の力を抜いた内容も書いていこう。笑

読んでくれるみなさんもどうぞ肩の力を抜いて読んでください。笑

予報通りどん曇りなヴェローナ。昨日の夜はTemporale(テンポラーレ)という夕立…というか軽い嵐?(笑)雷がすごい音で鳴っていました。

YouTubeでお馴染みのエルベ広場を通りぬけ、最近のお気に入りのパティスリー兼カフェFlego(フレーゴ)へ♡

雨だけど、どうしても外でコーヒーが飲みたい気分だったので、大きなパラソルの下の席をゲット♡

いつも混んでるこのお店は、晴れてる日なら外で座るのはまず無理。今日は雨だったから外の席に座れただけ。でも今度晴れの日のテラス席に再チャレンジしてみよ!

普通サイズのケーキは1つ5ユーロ、小さなケーキ(イタリア語(オリジナルはフランス語)でミニョンと言います。黄色いあの子じゃないよ。笑)は1.3ユーロ。。。

そりゃ、たくさんの味試せる方を選ぶでしょ♡笑

左からチョコケーキ、マンゴーケーキ、コーヒーケーキ。

どれが一番美味しかったかは聞かないで♡選べません。笑

ちなみにこの前も別のお店で3つのプチケーキ(こちらは1つ1.1ユーロ)を食べていたり…笑

でも小さいのが3つだから、大丈夫でしょ!(何が?笑)

内装はこんな感じ。旧市街の中にあるからなのか、品のあるお客さんが多くて、落ち着きのある良い雰囲気だった♡

クッキーとか、パネットーネ(クリスマス菓子なのに季節外れ?それとも似てるだけで違うお菓子?)とか日本のお土産になりそうなものも売っていたから、次行った時よく見てみよっと!

イートインスペースはソーシャルディスタンスを保つために一つ飛ばし。お隣さんはいません。

毎回お客さんが入れ替わるごとに、テーブルを消毒し、コーヒーを立って飲めるスペースも定期的に消毒している…という徹底ぶりだった。素晴らしい!

そして、雨も止んで時間が経ったので、お気に入りの公園へ。

ガリバルディさんの銅像の上。

よく見て。

いや、鳩〜!

なぜそこ⁉︎笑

なぜわざわざ頭の上に⁉︎笑

これはイタリアあるあるなんだけど、橋や公園、教会など街の至る所で石像や銅像を見ることができるこの国。鳩さんが狙ったかのように頭の上に止まってくつろいでるんだよね。笑

それもキリスト教関係の聖人だったりするとなお面白い。笑

真面目な顔した像の上に鳩さん。。。絶対狙って止まってるな、鳩さん。笑

街中にも緑を忘れないのがイタリアの良いところ♡

お花が植えられていたり、ベンチがあったり、子供連れやワンちゃん連れでのんびりできる空間。

私はここのベンチに座って本を読んだり、SNSしたりするのが最近の私服の時。自然があるってのも大切だけど、何より犬好きにはたまらない空間。笑

↑公園のお隣のこの建物、マンションですって。最近SNSでよく宣伝見る。どなたか私にこの素敵なマンションを買ってくれませんか?笑

また街中を抜けて…

パスタを買わなきゃいけなかったから、スーパーへ。。。

どんより空。奥に見える丘の上に立つ教会(携帯で見てる人、見れるのかな⁉︎)はいつか行ってみたいなって思ってるところ。もちろん今日みたいな日じゃなくて、晴れた日にね♡笑

そしてスーパーへ。。。

コロナで外出制限が出されている時は日曜日は州の法律で閉まっていたスーパーも、通常モードで営業中。

ただし、入場人数の制限を行なっている+マスクの着用は義務。

そして手袋も必須。

…。

手…

手袋…

手…ぶくろ…

いや!ただの袋じゃーーーーん!笑

USARE COME GUANTI(手袋のように使う)とのただし書きが!笑

手袋みたいな絵が書いてあるのがまた愛らしい。笑

でもスーパーでお買い物くらいなら手袋でも袋でも大差ないことがわかりましたとさ。笑

とまぁ、本当にのんびりまったりな、どうってことはない日曜日が過ぎて行きました。

たまにはこういうただの日常報告もありなのかな?

また新しい一週間が始まります♪

素敵な週初めをお過ごしくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。