• HOME
  • BLOG
  • Italian Life
  • ラジオ放送5日目|勝手にコラボ企画◆こっそり教えちゃうイタリアの残念なところ◆

ラジオ放送5日目|勝手にコラボ企画◆こっそり教えちゃうイタリアの残念なところ◆

ちゃお♪

最近今までウサギの食べ物だと思っていたサラダにハマっているはなです。笑 お肌や体にいいと知ると食べないではいられない。。。笑 タイトルとは全く関係のないタイトル画像でスタートです。笑

ラジオ放送とのコラボ企画最終日(と言っても1週間前にもうラジオの放送は終了してるんだけどね!笑)はイタリアの少し残念なところをご紹介。

4日目はコチラから↓

どの国にもいい面、悪い面があるのは当たり前で、イタリアにはオペラや絵画、彫刻を始めとする素晴らしい文化や、イタリア人のおおらかで明るい人柄、2000年前のローマ時代の遺跡から現代建築に至るまでの美しい街並み…。そして何より美味しいワインと美味しいご飯!笑 素敵なところは山ほどあるんだけど、このイタリアにもやっぱり良くないところはたくさんある。。。

その一つが今回ラジオで話たタバコやゴミのポイ捨て。。。今日はその話をしていきます。

これはミラノの中央駅↓

堂々とした重々しいたたずまいで、威厳を感じさせる外観。ヨーロッパの中でも有数の美しい駅として知られている。

中はまるで神殿かのような作りになっていて美しいミラノ中央駅。

あ、何で人がいないかというと、この上1枚と下2枚はロックダウン中に撮影したものだから、ゴーストステーションみたいになってるね。笑 その分建築物の美しさがよくわかって良いけど、でもなんかいるべきところに人がいないと、冷たい印象になっちゃうよね。。。

駅構内、ホームに通じている階ももこんな感じでとても素敵♡

ミラノ中央駅はターミナル駅になっていて、全列車が一旦停車する作り。天井のガラス窓といい鉄骨といい、エレガントだなぁ…♡

でも何で、ポイ捨ての話なのに駅の話をしているかというと。。。

線路が汚いから。。。

↑これはとある駅の線路なんだけど、写真を見ただけでもゴミが落ちてるのが確認できると思う。。。

↓これはヴェローナの駅で先日とった写真。

ホームと電車の間が灰皿やゴミ箱であるかのように吸殻やゴミが落ちている。。。電車が発車するまでタバコを吸って、そのまま線路にポイっていうのは悲しいがなよくある光景。

日本と同じく車内はもちろん禁煙。電車に入る直前までタバコを吸って、投げ捨てるという流れ。。。

本当に悲しくなっちゃうけど、残念ながらこれがイタリア人のマナー。

もちろんイタリア人が全員そうだとは言わないし、絶対にそうじゃない。

けど、あまりにポイ捨てに対する意識が低く、罪悪感もない。

これはさっきスーパー行く途中に撮影した街路樹と歩道の間。。。↓

吸殻がいっぱい落ちているし、

日本と違ってイタリアでは歩道にゴミ箱が設置されている。ゴミ箱はすぐそこなのに。。。なぜここにゴミを捨てるのか私には理解ができない。。。

でも残念ながら町中こんな感じで、綺麗な景観から目線を下げるとタバコの吸殻とポイ捨てされた小さなゴミがいっぱい。。。

レシートや紙屑。最近はよくマスクも落ちている。。。

自宅や自室など自分のテリトリーは綺麗にしたがるけど、反対に公共の場を綺麗に使おうという意識が非常に低いイタリア人達。タバコをポイ捨てすること、ゴミをポイ捨てすることに罪悪感がなく、道を歩いていて、横のテラス席から目の前に火のついたままのタバコが飛んできたこともある。

さすがにイラッとして睨みつけましたが。。。笑

そのくらい本当にマナーがなっていない国なんです。残念ながら。。。

ちなみにヴェローナのゴミステーションは手前の茶色のボックスから生ゴミ、ビン、プラスチックと缶、紙ゴミ、分けられないゴミ、と分別するようになっている。

環境問題等に取り組む姿勢はとてもいいことだし、私も積極的にゴミは分べつして捨てに行くようにしている。ちなみに日本のゴミステーションとは違い時間指定もないのでいつでもゴミを持っていって捨てることができるよ。

その分いつでもゴミがあるから、夏の暑い日の生ゴミボックスは。。。ヤバイよ。笑

そしてどのくらいのイタリア人が意識を持ってきちんと分別しているのかは…謎。。。

今回はあまり大きな声では言えない、そして言いたくないイタリアのマイナス面をお伝えしました。みんなの大好きな国、イタリアもいいところばかりではないんですよ。

日本とは公共の場においての感覚にかなり差がある国、イタリア。

特に喫煙者に関しては残念ながら、本当にマナーが悪くポイ捨てが多い。マイ灰皿を持ち歩いている人なんて見たことがない。

屋内が全て禁煙な分、外で吸わなければいけないのは分かる。けど、まるでゴミ箱のように線路や道にそのまま捨てる…という習慣はなくなって欲しい、そして恥ずかしいこと、残念なことだということに早く気づいて欲しいと心底思っています。

もしこのブログを読んでくださっている皆様がイタリアへ来られた際には、綺麗な街並みとともにチラッと足元を見てください。本当のイタリアが見れますよ。

あーーーでも!いやいや!このままだとイタリアのマイナスキャンペーンで終わってしまうので笑 ここで無理やりにでも美しい景色と共にお別れします♪笑

イタリアのリアルを見た後は、また夢の国イタリアを思い出させる一枚をご覧ください♡

ヴェローナのカステルサンピエトロがある丘からの景色…美しい…♡

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。