• HOME
  • BLOG
  • Italian Life
  • 【イタリアコロナウイルス】美しき街ヴェローナ|ロックダウン解除→第二段階スタート

【イタリアコロナウイルス】美しき街ヴェローナ|ロックダウン解除→第二段階スタート

タイトルに使った画像からスタート♡

先週末は本当にいいお天気で♪無加工でこの色が出るとっっっても気持ちいい天気だった♡これは私のお気に入りの景色で、アディジェ川(発音しにくい〜笑)沿いからのドゥオーモを眺め、そのに丘が見える♪

実は3月中旬、外出制限が始まったばかりの頃からイタリア全土では家から200メートル以内でしかウォーキング(それもどうしても必要な時のみで、基本的に控えるべきとされていた)が許されていなく、散歩にすら気軽に行けない期間が1ヶ月以上続いていた。

お天気のいい日には散歩をしたり、公園にいって日光を浴びたいイタリア人にとってそれはとても大変なことだったと思う。もちろん、私にとっても辛かった。お天気がよい日にお散歩をしようと思っても、行けなかったからね。。。

それが、私の住んでいるヴェローナがあるヴェネト州では4月14日から全国に先立って200メートルの規制が取られ、実質自由な散歩がOKになった。日本の県と同じ感覚で、州知事が独自のルールを出すことができて、イースター休暇後のヴェネト州では単独でのウォーキングやジェラート屋のテイクアウトも可能になっていた。

ということで段階的規制解除前最後の週末この素敵な天気の下、私も少し歩きに行くことにした。(もちろん単独行動+マスク着用)

家からでて1分、ひっさしぶりにこんなにたくさんの人とすれ違った。

久しぶりすぎて戸惑っちゃったよ。笑 ちなみにマスク率は100%。

川沿いの散歩道は外出制限期間中は封鎖されて行けないようになっていたからね。

↓ヴェローナの観光ポイントPonte Pietra(ポンテ ピエートラ)あえて訳すなら…見たまんまのネーミング…石橋。笑

美しいなぁ…♡

↓この日の目的はこの間にある階段の道を登ってみること。そう密かに決めていた。笑

1枚目の写真奥に見える丘の上にあるお城を目指して。。。(家から丘の上まで16分だとGoogle先生は言っている。。。笑)

結構登ります。。。空が青いなぁ…♡

↓お家時間を過ごす中で溜まりに溜まった日ごろの運動不足を成果(笑)を着実に感じながら登り切ると…

Castel San Pietro(カステル サン ピエトロ)というお城にたどり着く。

レゴの付属品にありそうな糸杉に囲まれたこれまたレゴで作れそうなお城。外壁は修復されていてきれいなだけに、偽物感すらでてしまうほど…笑

ここまで頑張って息を切らしながら登ってくるとこの景色が見られるよ♪↓

写真を見ながら思わず深呼吸してしまうような景色♡実はヴェローナに住み始めて1年、あの丘に登ってみたいなぁ…と思いつつも実現せず、この日がデビューだった。笑

糸杉の間からヴェローナの旧市街を上から見下ろすことができて、絶景だった♪特にお天気もよかったし♡

本来ならカフェやレストランも併設されているっぽかったけど、もちろん今は閉まっていた。また元の生活を取り戻したら改めて登ってみよう!

…あ、ちなみにケーブルカーもありますので、階段で登るのはちょっと…いう方もご心配なく♪笑

夏日だったこともあり、テイクアウト可になったジェラート屋さんは列ができていた。ソーシャルディスタンスもちゃんととられている様子。小池知事も満足かな?笑

そしてその隣のカフェは本当は月曜日からなはずが、おそらくどさくさに紛れてテイクアウト用に開いていた。(濡れ衣だったらごめんなさい)元々冷たいものが得意でない私は、相当夏の暑い日くらいしかジェラート食べない人なのでここはスルー。。。

↓下からの景色。何気にここにもローマ時代の遺跡が隠れていて、写真左中央あたりにローマ時代の劇場の遺跡をみることができる。

2000年前のものがいきなりボーンと現れる。これぞイタリアの底力。

↓近所のお花屋さん♡私はFioRe(イタリア語で花という意味)とブログサイトを名付けたように、お花が好き♪

演奏会の時に頂いたりするお花は枯れてしまうのが残念だけど、本当に心からうれしいのです♡

基本的に小売店の営業は18日から。それに前倒しされる形で花屋、ガーデニング用品店、本屋、文具店などがオープンしていて、このお花屋さんにもお花が戻ってきて私はとても嬉しい♡

高そうで一度も買ったことなかったけど、これを機会に一度お花買ってみても良いかなぁ…♡

ちなみに今週月曜日5月4日からレストランやカフェでテイクアウトが可能になった。

↑ソーシャルディスタンスをとりまくりながら並ぶイタリア人。笑 良いこと良いこと。笑

この広場で唯一開いていたカフェで、すこーーーーしだけ広場に活気が戻っていた。これで薬局、たばこ屋さん、新聞雑誌を売っているお店に、カフェ(テイクアウトのみ)がこの広場で開いているお店に加わった。

↓テイクアウトができるようになった月曜日のお昼時、マスクをつけてきちんと防備して恐らく彼が初めて買ったもの…それは…寿司。笑

その気持ちわかるわ〜笑 私も食べたいもん!笑 黄緑色が目印のお寿司屋さんZUSHIでテイクアウトしたイタリア人。私にもお寿司分けて〜笑

ミラノから来てくれた友達を毎回連れて行く、ヴェローナに通っていた時代からのお気に入りカフェ。普段ならお店の前に椅子とテーブルが並んでいるものの…。テイクアウトが可能になったからと言ってすぐにお客さんが戻ってくる…というわけではなさそう。。。

なんだか切なくなってきてしまったよ。

テイクアウト用の予約受付ます!という張り紙と営業時間を書いたものも貼ってあった。

お店の中で食べられるようになるのは今のところ6月1日からだそうで…。やはりお持ち帰りをしてまでそのお店のものが食べたい!ってい人は多くはないよう。。。

現状それぞれの街に居るのはそこに住んでいるか働いている人のみ。超有名観光地としてドイツ人やオーストリア人、アジア人と当然観光客頼りなところがあったヴェローナだけど、観光客が消えたこの町はヴェローナ市民だけでやっていけるのだろうか…。そんな不安を抱かせるような光景だった。

飲食店も本格的な再開はまだ1ヶ月後、そして小売店も再開まであと2週間。。。もともとAndrà tutto bene(全てうまく行くさ!)というのがスローガンだったイタリアも、経済的な保証などが進んでいない、かつ当初の予定よりだいぶ遅れての、しかも段階的な規制解除というこで、ヴェローナの町の小売店ではこういう張り紙が目立つようになった。

Non sta andando tutto bene(全てうまくいってはいない)という張り紙。そう、つまり当初のスローガン“全てうまく行くさ”のようにはいっていないという主張。

衣類やインテリアをあつかうお店、そして開店まであと1ヶ月待たなければ行けない美容室やエステサロンなどのお店の前でよく見かけて、少し寂しい気持ちになったし、現実を見せられた感じだった。

全てうまくいくさっと言って我慢してきたイタリア人達だけど、その先に待っていたのは本当に厳しい現実かもしれない。オープンしたところで…人ははたして街に帰ってくるのであろうか…。いろいろ考えさせたれた。

観光地で観光客頼みの側面が大きかったであろうヴェローナ+オープンしたからといってすぐに人が戻ってくる訳ではなさそうという現実を見て、なんとなく胸が痛んで、本当に一刻も速く特効薬かワクチンができることを願って耐えるしかないのかな…などと考えてしまった。

もちろんオペラ歌手としての自分のことも。

マスクつけては歌えないからさ。。。笑

ってなんだかせっかくの規制緩和なのに暗い話題で終わるのも嫌なので、どうでもよいおまけで終わりっ!笑

外出してもどのお店でも店内では使い捨て手袋着用が義務だから誰にも見られることないんだけど…

ネイル新しくしました♡もちろんセルフネイル♡(ポーズのセンスがなくてなんか手の匂い嗅いでるみたい。笑)

女だもん、ネイルしたりお化粧したり(ちなみにマツエクはついにあと左目に二本ついてるだけ。二本って!逆にいらない!笑)、ピアスしたりするだけで気分があがるんだよ♡ま、完全なる自己満だけどね!こゆときはそれも大事。

↓我ながら変なポーズって思って笑ってしまった私。笑

日本はゴールデンウィークならぬステイホーム週間が終了してもまだまだ自粛期間が長引きそうですが…。みなさまどうか体調に気をつけてお過ごしください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。