杉浦葉奈のイタリア生活|③留学中期ミラノ生活

2010年6月からスタートした私の留学生活の紹介も、ついに3件目!

↓歴代の家のおさらい↓

  • 1件目(最寄り:ミラノ地下鉄緑線 PIOLA駅徒歩10分)
  • 2件目(最寄り:ミラノ地下鉄緑線 PIOLA駅徒歩10分)
  • 3件目(最寄り:ミラノ地下鉄赤線 BUONARROTI駅徒歩5分)
  • 4件目(最寄り:ミラノ地下鉄赤線 PRIMATICCIO駅徒歩5分)
  • 5件目(最寄り:ヴェローナ市バス バス停Via Quattro Novembre徒歩5分)

2014年2月~2015年9月まで過ごしてこのお家は、Casa Verdi(カーザ ヴェルディ)という、私が一番好きな作曲家ヴェルディゆかりの地(ヴェルディが眠るお墓もそこにある)の裏手にあり、閑静な住宅街にあった。ミラノの中でも日本人駐在員さんにも人気がある安全で住みやすい地域で、近所には品のいい洋服店や、レストラン、バール(カフェ)がたくさんあり、本当に住みやすいゾーンだった。街の中心地Duomo駅(見出しの写真になっているのがミラノの大聖堂、Duomo(ドゥオーモ)だよ!)まで地下鉄乗り換えなしで10分くらいとアクセスも最高!

カラフルでかわいいリビング♡

前回までの家とは違ったモダンなシステムキッチン。

新しい同居人は、心理学者で、とっっっっっっっても優しくて、可愛くて、気の利くアンジェラちゃん。Angelo(アンジェロ)とは天使という意味で、その名の通り、本当に天使みたいな超いい子!おまけに努力家で頭もいい!↓

前のエリーの時もそうだったけど、一緒に住んでいると以外に写真を撮る機会がないのか、ろくな写真がなくて、私がひどい顔してる写真しかなかった…笑 アンジェラは南イタリアにあるサレルノという町の近くの出身で、これは2014年夏にアンジェラの実家に一緒に行こうと誘われて行った時のもの♡北イタリアではあまり見かけない、ブリオッシュ(パンみたいな生地)に挟んだジェラートを食べてるところ♡ハンバーガーじゃないよ。笑

たった1年半という短い期間だったけど、この間には本当にいろんなことが起こった。

まずは、2014年3月、ひょんなことからテレビ出演を果たしちゃいました。笑↓

元々Elio e le Storie Tese(エリオ エ レ ストーリエ テーゼ)という日本でいうサザン的な超有名グループが司会進行を務める音楽クイズ番組の“いち”エキストラとして呼ばれて収録していたところ、実は私オペラ歌手なんです、という話をすると「それならオープニングで歌ってよ!」と言われ番組オープニングの謎の日本人有名オペラ歌手(笑)として登場することに。

実は、その時のメイクが…もう本当に嫌で嫌で仕方がなくって…笑

まさに、西洋人がイメージする東洋人というメイクに仕上がって。。。これでもひっそりと楽屋で手直ししたもの↓笑

東洋人=つり目…なんでしょうね。仕方ないけども。笑 「あなたの髪の毛は太くて長くてたくさんあってセットに時間がかかるわ~」とヘアメイクさんに言われながらロッドを巻かれたことよく覚えてるわ。笑

女子のみんなは分ってくれると思うけど、日本人は西洋人の顔にあこがれて目は大きく!丸く!と皆メイクを研究するので、こんなアジア人推しのメイクは当然初めて。メイク自分でさせてほしかったよ~!(泣笑)

当時の映像がRai(日本でいうNHK的な存在のイタリアの国営テレビ)の過去の映像にまだ残っていたのでご覧いただけます。↓

ただ!すんごい顔で歌っていますし、歌も。。。笑 6年前のことなのでお許しを。笑 面白いものが見たい方はぜひリンクに飛んでみてみてください。笑

http://www.rai.it/dl/RaiTV/programmi/media/ContentItem-921beaf8-6090-47f1-9374-40a7ccce0914.html?

この時にジャンルは違えど、本当に楽しそうに音楽を演奏するElio e le Storie Teseの皆さんに感動し、音楽って改めていいものだな、と実感。。。休憩中にも楽器を演奏しながらワイワイやってる彼らに良い刺激をもらった。

そして、6月には初めてのオペラ、椿姫に出演。↓

いい感じのけだるさ出てるわ~笑

ヴェルディ作曲の椿姫は、娼婦ヴィオレッタが主人公のオペラで、私が1番大好きなオペラ。ソプラノにとって花形の役で、この役をイタリアで演じることができたのは私の誇り。当時技術的にもまだまだだったところがあるから、近いうちに!また今度は日本でもぜひ!歌いたい役だと思っているので、実現するよう努力していきます!(ちなみに今日も自宅で椿姫練習してました!)

結核に侵されて死んでいくので最後は死相メイク。↓

一度死んで生き返った後(つまりカーテンコール後)に来てくれたミラノの友達と撮った写真♡本当にたくさんの友達が身に来てくれてうれしかったな♡

今でも思い出し感動ができる!笑

その他にも2015年にはオーディションに合格し、プッチーニ作曲のラ・ボエームにムゼッタ役で出演する機会を得るなど、それまでとはまた違った運命が進んでいく。家が変わると風水的にも変わるから?この時はいろいんなことで運命が動いていったなぁ…。

オーケストラとリハーサルするために、人生で初めて馬蹄形の劇場で歌ったり…本当に貴重な経験をさせてもらったわぁ。。。オペラ歌手である以上、やっぱりこういういかにもヨーロッパという馬蹄形の劇場は憧れるよね。

↑嬉しそう。笑

そして2015年には…

そう、ミラノ万博が開催されました!懐かしいなぁ。。。2005年の愛知万博から10年後、まさか自分が住んでいるところで人生2回目の万博を経験するなんて、本当人生って面白い!

もちろんプライベートでも遊びに行ったし、日本館の兵庫県のイベント(義理の弟が兵庫県出身なので、勝手に親近感だった!)の通訳スタッフとして参加させてもらったりと、貴重な経験をさせてもらった。↓

日本館の屋外での仕事だったので、もう暑すぎて暑すぎて…顔がドロドロになりながら働いてました。それもまたいい思い出だな~笑

立地もよく、住み心地も最高。同居人アンジェラとも問題なくうまくいっていたんだけど、アンジェラの妹が南イタリアからミラノの大学へ進学する…ということで、家を出なくてはいけなくなってしまった。。。

アンジェラは同居人であり、大家でもあったから仕方がないんだけど、住み心地が良かっただけに残念…。

1年半という短い期間だったけど、イタリア暮らしにも慣れ、言葉の心配もほぼなくなり、自由に行動できるようになってきたこの期間に本当にいろいろ貴重な経験をさせてもらったと思う。

さて…次回の杉浦葉奈のイタリア生活|④留学後期ミラノ生活 ではどんなことが待っているでしょうか。お楽しみに♡

♡おまけ♡

アンジェラの実家に行った時のマンマ(イタリア語でママという意味)のお料理風景。お父さんお母さん4人姉妹のアンジェラ家族+私たちお客さん用のパスタを作ってくれてるマンマ。

フライパンでっか~!笑 こんな大きなフライパンお家で使ってるの初めて見たわっ!笑 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。